シアリスジェネリックやバイアグラジェネリックを試す

EDのジェネリックを購入しようか悩む男性
シアリスジェネリックやバイアグラジェネリックの存在はあまりまだ知られていません。シアリスジェネリックは、シアリスと同等の効果がありながら、非常に安く購入が可能なED治療薬です。
シアリスジェネリックとして、有名なのは、タダシップやフォーゼストです。タダシップの有効成分として含まれているタダラフィルは、先発薬のシアリスと同一成分であるので、効果や持続時間も一緒で安心安全です。

タダシップのようなジェネリック医薬品は、先発薬であるシアリスとほとんど同じ効果を得ることができるにも関わらず、価格が低く抑えられているという点が魅力です。
ジェネリックバイアグラであっても、ほぼ同等である試験データの証明が揃って初めて製造と販売がなされているため、その効き目は先発薬と変わりありません。

バイアグラジェネリックの一つであるフォーゼストは、バイアグラ等に比べ効果が持続する事から、多くの人の支持を集めているED治療薬です。最長で36時間、安定した勃起力を得ることができます。更に、食事による影響も少ないという点も人気です。
さらに、バイアグラジェネリックには、スハグラ、ゼネグラ、シラグラ、カマグラなどがあります。これらのバイアグラジェネリックはどれも同様の効果を持っていますが、製造している会社が異なります。
スハグラ、ゼネグラ、シラグラ、カマグラの4つの薬は、インドの会社によって開発された薬です。
これらのED治療薬の効果はバイアグラのような先発薬と同等の効果を持っています。先発医薬品と効果がほぼ同様の効果を得られるということは、ジェネリック医薬品であっても注意点があることには変わりありません。
ジェネリック医薬品を服用する場合でも、初めてバイアグラを使用する場合には、必ず医師の問診を受けて処方箋をもらい、薬剤師から服用の方法及び注意点を良く聞いて服用するようにすることが大切です。
上で挙げたバイアグラジェネリックは、日本での認可は下りていない薬であるため、直接インドに購入しに行くか、自分で輸入することで入手するしか方法はありません。
最近では偽物も多く販売されるようになっているため、注意して購入する必要があります。

ジェネリックの普及は厚生労働省も力を入れている

ジェネリック医薬品の普及は厚生労働省も力を入れていることです。ジェネリック医薬品は、同じような効果が得られるにも関わらず、新薬に比べて開発費や販売費が抑えられることから、価格が新薬の5割~8割も安いのでかなりお得に購入することができます。
バイアグラジェネリックの中で代表的なジェネリック医薬品として挙げることができるのが先に説明したスハグラ、ゼネグラ、シラグラ、カマグラです。今後、これらのバイアグラジェネリックが日本でも認可されるようになる可能性があります。

ジェネリック医薬品が一般に広まるように厚生労働省も力を入れています。その理由は医療費を抑制することにつながるからです。日本では、皆保険制度があるため、厚生労働省が認可している薬を処方された場合、その薬の負担は基本的に軽減されます。
その軽減された分の費用は誰が払っているのかと言えば、厚生労働省に納められた保険料によって賄われています。そのため、高価な新薬を使う人が多くなると、その医療費が莫大にかかってしまいます。
今後、日本社会は高齢化社会に進むと考えられているため、医療費の負担はさらに大きくなることが予想されています。
そのため、厚生労働省も新薬に比べて費用がかからないジェネリック医薬品を普及させて、医療費の負担を減らすことを目指しています。
このことはバイアグラジェネリックでも同じであるため、勃起不全などの治療目的で処方されるバイアグラについても保険が適用される可能性があります。
そのため、バイアグラジェネリックが普及することを厚生労働省はむしろ積極的に評価していくと考えられます。新薬とほとんど効果が変わらないにも関わらず、安い値段で購入することができるバイアグラジェネリックを積極的に活用しない手はありません。
と言っても、薬であることには変わりはないので身体に合う合わないがあります。しっかりと自分に合ったものを選ぶことが大切です。